熱帯魚

2021年8月26日 (木)

海キノコと光

海キノコって「光」の有る無しで別物みたいなんです。

 

Img_3894

「光」が少ない状態。

確かにキノコの形してます。

 

 

 

Img_3900

何かがツンツン飛び出しているけど硬そう。

 

 

Img_3888

「光」が十分あるとポリプが開いてこんなに違います。

 

 

 

Img_4169_20210825162801

わずかな水流に乗ってユラユラしています。

 

 

 

Img_3891

触手の先に二次ポリプも開いて状態は良好。

いつまでも見ていられます。

|

2021年2月21日 (日)

寝袋

朝、水槽にフワッと浮かんでいるものがありました。

 

Img_7032

透明な膜で作られた魚の寝袋です。

この中に丸くなって寝るのだそうです。

寝袋と主のサイズはこんな感じですが細長い魚が動いて訳が分からなくなってしまいましたので、

 

 

 

 

Img_7028

これです。「ホンソメワケベラ」。

 

一度でいいから寝袋に包まれて寝ている姿を見てみたいものです。

 

|

2020年11月10日 (火)

ウニの殻

Uni

キャベツが好きな「シラヒゲウニ」。

 

 

 

Img_3326

殻はこんなに美しい。

 

 

 

Img_3323_20201110162301

模様が規則正しくて驚きますね。

 

 

 

 

Img_3325_20201110162301

裏の方が穴が大きいです。

 

 

 

Img_3328

 

色や形に個体差はありますが、あのトゲトゲの下がこうなっているとは想像できませんよね。

大事にケースに入れて日々眺めております。

|

2020年7月 4日 (土)

ビーシュリンプ

赤と白のしましま模様のエビがいます。

 

Img_20021

 

体長2~3cmのこのエビはミツバチのおしりに似ているので「ビーシュリンプ」と呼ばれています。

これが水槽内で知らないうちに繁殖していました。

この写真の中に大小8匹は見られます。

一番上の白い「・・・」もそうですよ。

水質や環境が上手くいっている証拠なので嬉しいです。

|

2020年1月17日 (金)

タツノオトシゴはお食事中




「あそこだよ、あそこ」と教えたくなっちゃう。

|

2020年1月11日 (土)

新しく仲間入りしました

タツノオトシゴの水槽を立ち上げました。


Img_0748

シッポをくるりと丸めてお馴染みのシルエットですね。




Img_0752

珊瑚に巻き付いてそこを支点にグルグル動き回ります。


ちょっとおとぼけなゆるい感じが笑みを誘います。

会いにいらしてください。

|

2019年12月19日 (木)

カクレクマノミのユラユラ

「カクレクマノミ」が「イソギンチャク」の中で気持ちよさそうにユラユラしている姿はテレビなどでよく見かけますが、最近「ヘアリーディスクコーラル」という珊瑚の中でユラユラし始めました。

今までは入ったことはなかったのですが、柔らかくて毛足が長い所が気に入ったのでしょうか。

癒されます。

 

|

2019年1月24日 (木)

海底火山の大噴火?

「ディスクコーラル」という珊瑚の仲間がこんなことになってます。



Img_7200_2

海底火山の大噴火みたいに見えません?




Img_7201
こ~んなに伸びて・・。

この量が入っていたんですね。



Img_7206_2
次の日には新しいディスクコーラルが産れていました。

茶色っぽい傘は新しくできたものです。


Img_7205
貝殻をくっつけたウニが乗っていますが、左側も噴火しています。



Img_7207

そして次の日には増えていました。
比べてみてください。茶色の重なり合っている部分は前日にはありませんでした。


体内の老廃物を吐き出し、新たな命を生み出したのでしょうか?

興味深いですね。

|

2018年12月22日 (土)

生命の神秘

ダイニングには海水魚の水槽が2つありますが、小さい方の水槽に時々誕生します。



Img_6834

右上に小さな白っぽい「点」みたいなのが見えますでしょうか?






Img_6829

これなんです。六角形のヒトデ?


これの「親」っぽいものは育てたことがありませんので、自然に発生したと思われます。新たな命が生まれたということですね。


「海は生命の源」と言われますのでそういうことなのでしょうか。


「何もない所から命が生まれる」。  なんて神秘的なんでしょう!


人間の目には見えない小さな小さな世界では色々なことが起こっているのでしょうね。

|

2018年12月 6日 (木)

グッピーの進化

ダイニングには陸地の部分と水中の部分が混在しているアクアテラリウムの水槽があります。

Rimg1433
水中にはグッピーやコリドラスが入れてありますが、グッピーは繁殖しすぎるとごちゃごちゃになってしまうため、オスだけを入れてあります。

ところがこの水槽に稚魚が泳いでいたんです!


Img_6938

普通メスは地味な色でこんな形をしています。






Img_6932_2

オスは色鮮やかで尾もきれいな模様をしています。





Img_6873
このお腹の大きなきれいなオスがメス化して稚魚を産んだのです。


オスばかりの世界ではグッピーの子孫は残せず滅びてしまうので、その危機を回避するためオスがメスに進化したのでしょうね。

すごすぎます。

|

より以前の記事一覧