富士山

2019年3月10日 (日)

長すぎて入りきらない

Img_3814

今朝変わった吊るし雲が浮かんでいたので、お客様の朝食前に急いで「きらら」に。

かっこいいでしょ!長すぎて納まりきれませんでした。でも大満足!

|

2019年3月 9日 (土)

3月なのに-5℃の朝

今年の冬は暖かかったので冬らしい写真があまり撮れませんでした。


Img_3788
今日は春の日差しに真っ白な霜。




Img_3784
岩の根元が波で下からま~るく削られて、ま~るい霜の模様が楽しい!



Img_3778

ここは霜ではなく水たまり。

こんなことが楽しいですね。




Img_3771

集合していた水鳥達も・・・





Img_3792
水面すれすれに飛び立っていきました。


今日も一日が始まります。

|

2019年2月18日 (月)

ダイヤモンド富士&夕焼け

今シーズンはあまりダイヤモンド富士撮影に行かれなかったので駆けつけました。


Img_3675

太陽の微妙な位置関係でスポットライトが当たったように照らされる瞬間があります。





Img_3692

半分くらい沈んだ頃でしょうか。さっきまで聞こえていた話し声は無くなり静寂な時が流れています。



Img_3699

しばらくすると空が色付き始めました。






Img_3729

残っていた青空も輝く雲も映って、湖面がステキでした。





Img_3740

今日のお気に入りはこちらです。


|

2019年1月26日 (土)

うっすらと雪が降りました

今年は雪がなかなか降りませんでしたが、ようやく少しだけ白くなりました。



Img_3384
ベンチがポツンとしている感じがいいなぁ。



Img_3356
薄く張った氷に映っていつもと違う景色に。




Img_3374

水鳥達も活動開始です。



Img_3391
どうも今日は池の薄氷に魅かれているようです。



Img_3354

今日から2月17日(日)まで雪まつりが開催されます。

今年はグランピング体験などもあって楽しそうなので、また後程遊びに来たいと思います。


|

2019年1月18日 (金)

風の朝

風が強かった朝は、ちょっと楽しみにしているものがあります。


Img_3267

もうすぐ陽が昇りますよ。富士山と反対側の空にウットリ。




Img_3270

水辺に降りてみると薄氷に反射してまるで別世界。




Img_3281

レースの縁取りのようです。



Img_3287

さぁ、紅富士が始まりますよ。


Img_3293

飛んで行きそうな強風で波もすごかった。



Img_3311

やっぱりありましたよ。氷玉。

波が「寄せては返し」を一晩繰り返して根元だけ凍るんですね。

波が引いた時だけキラキラ顔を出します。

|

2019年1月 8日 (火)

ゆっくり行ってきました

時間があったので夕暮れにゆっくり浸ってきました。


Img_7148
私のまわりもこの色なんですよ。

ここから動けませんでした。

|

2019年1月 3日 (木)

夕食の準備の合間に

連日晴天で富士山クッキリ見えています。

夕焼けは毎日厨房から眺めていましたが、今日は少し余裕があったので「きらら」まで行ってきました。



Img_7104

雲が燃える炎のように染まっていました。




Img_3209

湖から帰る群れも・・・。




Img_3215
こちらに集合していました。




Img_3221
富士山とは反対側も大好きな空になっていました。

これだけ撮るのに汗をかくほどあちこち走り回って厨房に戻って来ました。

またゆっくり来よう。

|

2018年12月25日 (火)

紅富士よりも・・・

早朝は「紅富士」狙いのカメラマンさん達が大勢待ち構えています。

それはそれで奇麗なのですが、私は色々なところに目が行ってしまします。


Img_3142

日の出前に白鳥が通り過ぎた時の1枚ですが、白鳥の後にキラキラしたものが見えますよね。これは映り込んだ「お月さまのかけら」です。



Img_3163
「紅富士」はやっぱりいいですね。




Img_3175
遊歩道の木道も霜で真っ白でした。



Img_3180

岸辺にいた水鳥が私に気付いて慌てて逃げ出して行きます。
でも、泳ぐでもなく飛ぶでもなく足と羽をバタバタさせて沖に出ていきました。

あの丸い波紋は水面を足で駆けた跡でしょうか。慌てぶりを想像しただけで笑っちゃいます。





Img_3181
安全な所まで来てひと安心。




Img_3194

そうこうしている私の頭上を一斉に低空飛行して行く群れも。






Img_3190

ほとんど岩と区別がつかない真っ黒な「オオバン」は、美しい波紋を広げながらエサをついばんでいます。





Img_3201

今日も一日が始まります。

|

2018年12月11日 (火)

-7℃の山中湖をお届けします

Img_3012

青く静寂な日の出前。





Img_3013
足元はニョキニョキ伸びた霜柱が。





Img_3015
山頂が色付き始めましたよ。もう少しで一番濃い紅色に・・・。






Img_3018

水鳥達が一斉に泳ぎだしました。






Img_3021


色的にはちょうど今ですよ。なのに雲が・・・。

(ペンションからはクッキリ紅富士が見えたそうです。ほんのわずかな高低差でこんなにも違うんですね)







Img_3031

姿を現したころには紅富士は終わっていました。







Img_3034

振り返ってみると反対側の空もこんなにステキに。







Img_3041
波打ち際は薄氷が光ってます。







Img_3047_2
白鳥の羽にも・・・。






Img_3061

落ち葉にも・・。


Img_3065


這いつくばって頑張っている草にも、霜の花が咲いていました。


寒さも忘れウキウキする朝でした。

|

2018年11月26日 (月)

今朝の富士山は?

朝一でペンションからは富士山がくっきり見えていましたので早速湖畔へ。

ところが、湖畔沿いの道路に出た途端一面真っ白の霧の中で富士山どころか前すらよく見えません。



Img_2948

では。と、パノラマ台へと移動するとすごい人。 駐車場はいっぱいで道路にもずら~っと車が。 停められそうな場所までず~っと登って行ってようやく駐車場所確保。

高台から見ると、湖の上に重く厚く霧が立ち込めていました。(こういうことだったんですね。)

空の色がいいですね。




Img_2961


霧が引いた左端の水面に空の色が映ってステキなことになっていました。




Img_2972

今朝は富士山よりもこちらに魅かれましたね~。

|

より以前の記事一覧