« 2023年12月 | トップページ | 2024年2月 »

2024年1月

2024年1月31日 (水)

冷え込んだ朝の続きです

「きらら」には水たまりのような小さな池がたくさんあります

 

Img_1791a

凍り方に差があってとっても面白いんです

 

 

 

Img_1801a

落ち葉や枯れ木を巻き込んで・・

 

 

 

Img_1800a

今朝はたくさんある「〇」に夢中

 

 

Img_1807a

水中から湧いてきた気泡がゆっくり閉じ込められたのでしょうね

 

 

 

Img_1808a

この白い「〇」はどうやってできたのでしょう?

表面はツルツルでしたので裏側にできたということですよ。

 

 

Img_1818a

そしてこの白い氷は霜柱に押し上げられたように水面から持ち上がっています。

 

 

 

Img_1828a

で、その霜柱が氷の面より上まで伸びているんです。

うまく説明ができないですが、平らな氷側から見るとこの写真で反対側から見ると一枚前の写真です。

 

 

 

Img_1833a

お日様が出てきて融ける直前。透明な針のようになってます。

 

 

 

Img_1843a

規則正しかった霜柱が融け始めてバラバラに

 

 

 

 

 Img_1847b

無くなりそうなはかない感じがいいですね。

 

と、ここまで撮り進めてみて白い「〇」がどうしてできたのかが分かった気がしました。

霜柱で持ち上げられて水面と氷には隙間ができ、水中から湧いてくるわずかに温度の高い気体が氷の天井に冷やされて水滴になって凍ったのでは?

 

どうでしょうか

|

2024年1月30日 (火)

また冷え込んだ朝の話です

Img_1849a

ほぼ無風だったので見事な逆さ富士が見られました

 

 

Img_1767a

水面が部分的に凍っています

 

 

 

Img_1764a

この白鳥は羽の茶色がまだ残っていますね

 

 

Img_1778a

こんな霜の花はよく見かけますが、ウキクサが浮かんでいる水から咲いているのは初めて見ました。

田んぼでよく見るウキクサが1月に山中湖で霜と一緒に・・・

暖かいのでしょうね

 

 

 

Img_1789a

こういう光景もよく見られます、が・・・

 

 

Img_1789b

根元は新芽

これも初めてです

 

また、写真の枚数が多くなってしまいましたので次回に続きます

|

2024年1月29日 (月)

昨日の続き・最終回

Img_1725a

「きらら浜」を進んで行くと氷がせり出していました

 

 

Img_1731a

先端が洗われて丸くなっている部分や

 

 

Img_1732a

レース模様のような薄い部分や

 

 

Img_1734a

まだら模様があったりで楽しくなってきました

 

 

Img_1748a

富士山を入れるとこんな感じ

 

 

Img_1756a

この先端

 

 

Img_1744a

湖面に映って💛

 

 

 

Img_1761a

そうこうしていると「キンキン、パキンパキン」と高音で響いたかと思ったら薄氷が割れながら波が押し寄せてきました

「わぁ、このタイミングに出会えてまたまたラッキー」

 

大満足のお散歩でした

|

2024年1月28日 (日)

昨日の続き・「きらら」から

Img_1698a

「きらら」に移動してきたら、白鳥が集まっていました

(実は、先に撮っていた人がエサで集めたんです)

 

 

Img_1702a

よく見かけるこのポーズは足を温めているのでしょうか?

 

 

Img_1714a

岩の氷が白くてお菓子の「フォンダン」みたいです

 

 

Img_1716a

こんな感じの写真を撮ろうとしている人が大勢いました

 

 

Img_1719a

どんなふうにでも撮れる

 

 

Img_1720a

同じアングルでも露出が違うと別物のよう

 

 

Img_1710a

雫にだけ光が当たって

 

 

Img_1722a

クラゲ氷(勝手に名付けています)が集まっていました

 

枚数が多くなってしまいましたので一番楽しかったところは次回にします

|

2024年1月27日 (土)

南アルプス

Img_1678a

今日は山中湖から雪を被った南アルプスの山並みが見えています

当然ですが山中湖と南アルプスの両方が晴れていないと見えません

 

 

Img_1681a

富士山の右裾野の方向です

「きらら」からは見えないんです

 

 

 

Img_1689a

と、湖面に一本の紺色の線が・・

無風だった湖面に風でできた波の第一波が押し寄せてきました

 

 

Img_1691a

縞々が増えてだんだんこちらに近付いてきます

「わぁ、来るよ、来るよ」とファインダーを覗いているとドキドキしてきました

 

 

 

Img_1695a

「ザッブーン」足元ギリギリまで打ち寄せて逃げるほどでした

第一波の瞬間を撮ることができてお得でした

 

 

|

2024年1月25日 (木)

今季最強の寒波

冷え込んだ朝は面白いものがあるはず

 

Img_1606

まずは日の出前のブルーの地球影から

 

 

Img_1609

ブルーの上にピンクのビーナスベルトが乗って

 

 

Img_1611

山頂に陽が当たります

 

 

 

Img_1656a

風が強かったので波をかぶった岩が氷でコーティングされています

今日はこの「氷」がとっても面白かったんです

 

 

Img_1626

岩の上部分は何度も何度も波をかぶってできた氷の芸術

 

 

Img_1628a

ゴツゴツしてたり

 

 

Img_1629a

層になっていたり

 

 

Img_1633a

まるで棚田

 

 

Img_1648a

この辺りは何度も洗われているのでくびれた「つらら」

 

 

Img_1652a

光が微妙な色に

 

 

Img_1672a

岩と岩の間はだんだんストレートな「つらら」に

 

 

Img_1666a

垂れる水だけだとつるんとした形

 

 

Img_1663a

波が荒れて底の砂が巻き上げられたのでしょうね

 

 

Img_1645a

砂交じりの「つらら」は珍しいかも

 

 

Img_1640a

「根」を伝って振り子もできていました

 

 

Img_1636

「つらら」の形から水の流れを想像するのって楽しい~

 

 

Img_1667

針金にはお馴染みの氷玉も

 

極寒の朝、波打ち際をお散歩した気分になれました?

|

2024年1月22日 (月)

どのくらい積もったかというと

富士山にはたっぷり降ったようです

 

Img_1572

夕方なので逆光ですが真っ白です

 

 

 

 

Img_1587a

雪が雨に変わり平地の雪はすっかり解けてしまいました

雨上がりで露がたくさん散らばっていました

 

 

 

Img_1588a

露の中には周りの景色が閉じ込められているんです

露の点々わかります?

 

 

 

Img_1600a

ミツマタの露には枝分かれしたミツマタの木が

 

たのしい~💛

|

2024年1月20日 (土)

本降りの雪

Img_1565

朝から本格的に降ってます

 

 

Img_1564

久しぶりの雪で少しうれしかったりもする。

どれだけ積もるでしょうか?

 

|

2024年1月18日 (木)

満開のビオラ

お客様はひと段落している時期ですが

Img_1516

玄関で「満開のビオラがお出迎え」の図になっています。

 

 

 

Img_1518

お日様のほうを向いて目一杯に咲いています。

 

冷え込む夜は中に入れてあげないと冷凍ビオラができ、昼間も解凍されないと生きていられなくなってしまいます。

寒さに強いので一度や二度の冷凍は大丈夫なのですがそのまま乾燥していくとアウトです。

毎日入れたり出したりしてキープしています。

 

|

2024年1月15日 (月)

雲が染まって

「富士山の雲が染まったら面白いだろうな」と思って出かけました

 

Img_1540a

まず朝焼けでいい色に・・

 

 

Img_1543

富士山の雲も思惑通りに

 

 

Img_1546

右裾野の小さな雲もピンク

 

 

 

Img_1525_20240115104501

冬の朝の風物詩「氷玉」もあり、

 

 

Img_1558

空気が閉じ込められた水玉模様もあり、

 

 

Img_1560a

朝の楽しみ満喫しました

|

2024年1月13日 (土)

湖畔をお散歩

日中の日差しが暖かすぎる1月です

 

Img_5987

打ち寄せてくる波に光が当たって「光の網目模様」がユラユラしています

 

 

Img_5988_20240113095801

網目模様と同じ速さで歩いていると、波に乗っているみたいにフワフワしてきました。

ウフフ💛

 

 

Img_5992

苔が生えた底石は緑色に光ってこれまたステキ💛

 

こんな平穏な時を過ごせて申し訳ないような複雑な気持ちです。

|

« 2023年12月 | トップページ | 2024年2月 »