« 2019年1月 | トップページ | 2019年3月 »

2019年2月

2019年2月22日 (金)

春めいてきた林の中に・・・

Img_3768
「春めいてきたなぁ」と林を眺めていると・・・



Img_3754
光が反射してキラキラしたものがユラユラしていましたよ。





Img_37621

他の枝にもありました。繭ですね。

「ヤママユガ」の繭の抜け殻のようです。

飛ばないようにしっかりとくくり付けられているのがわかりますね。

こういうのを見つけると、「ヤママユガの一生がここで営まれているんだなぁ。」と、卵→幼虫→繭→さなぎ→成虫と、思いを巡らせてしまいます。

卵で冬を越すそうなので、芽吹くころには幼虫たちが這い出すのでしょうか。

|

2019年2月18日 (月)

ダイヤモンド富士&夕焼け

今シーズンはあまりダイヤモンド富士撮影に行かれなかったので駆けつけました。


Img_3675

太陽の微妙な位置関係でスポットライトが当たったように照らされる瞬間があります。





Img_3692

半分くらい沈んだ頃でしょうか。さっきまで聞こえていた話し声は無くなり静寂な時が流れています。



Img_3699

しばらくすると空が色付き始めました。






Img_3729

残っていた青空も輝く雲も映って、湖面がステキでした。





Img_3740

今日のお気に入りはこちらです。


|

2019年2月16日 (土)

アイスキャンドルフェスティバル

アイスキャンドルフェスティバルが開催されました。


Img_7318
たき火で暖を取りながら陽が落ちるのを待ちます。




Img_3594
高い場所から見下ろすとラインが良くわかります。



Img_3628
雪だるまも参列。



Img_3629
こちらも楽しい。




Img_3633

雪だるま達の後ろにはサークルに置かれたキャンドルが。





Img_3618

消えてしまったキャンドルに女の子が火を灯してくれています。




Img_3606
正面のテントではトン汁や焼き芋、甘酒などがふるまわれています。



今年は暖かくて風もなく、ろうそくの優しい光の中にゆっくり浸ることができました。

ひとつひとつキャンドルを並べて下さった関係者の皆さんやボランティアの方々に感謝です。

|

2019年2月 8日 (金)

味噌仕込み

去年の今頃実験的に味噌を仕込んでみました。


Img_7084

「どこまで簡単にしてもできるか」みたいなことで、スーパーで売っている材料で、保存もビニール袋でやってみました。

結果は上々。人工的な旨味を添加したようなイヤ味が全くない美味しいお味噌ができました。

夏頃、お味噌のいい香りがしてきたので味見をしましたが、塩辛いだけで旨味はほとんど感じられませんでした。そこから半年かけて美味しくなったので「菌」の働きにビックリと感謝感激です。

こんなにお手軽なら今年はもっと大量に仕込みましょ♪

|

2019年2月 2日 (土)

雪が降ったらやっぱりここに来たい!

「きらら」です。


Img_3516
流氷みたいな氷。


Img_3515
白鳥が滑ったと思われる足跡。姿が想像できますよね。



Img_3520

横から見ると氷のかけらが打ち寄せられているのがよくわかります。


Img_3524

手前の模様は波しぶきの様にも見えますが、誰かが雪の塊を氷の上に投げて飛び散った跡です。



Img_3535
この岩が結構好きです。


Img_3530
オオバンは氷上でエサを探しているのでしょうか?


Img_3549

今日の岩の氷は、つるんとコーティングされた氷ではなく、細かい氷のかけらがくっついてできていました。


Img_3554

そして岩肌から融け始めて、氷のレース模様が浮いている状態でした。



Img_3544

こういうの好きなんです。



Img_3571
こちらの岸はまた違う景色。このポツポツしているのがステキなんです。



Img_3576

こ~んなのや、


Img_3581_2
こ~んなのがたくさんあって、きりがありません。


Img_35761

時間が経つのも忘れてしまいます。

|

2019年2月 1日 (金)

今季初の雪景色

Img_7282
今季初めてまとまった雪が降りました。15cm位ですね。





Img_7271
陽が差し始めの時間帯が好きです。





Img_7274
「光のベールが降りてくる」みたいな感じがします。





Img_7288
いつもは枯れ木が覆いかぶさった道路も雪のレースのトンネルみたいで、ゆっくりゆっくり走ります。

|

« 2019年1月 | トップページ | 2019年3月 »