« 一番好きな季節 | トップページ | こんな所に白鳥が »

2015年5月 9日 (土)

新芽が赤い訳

この時期、新芽が「赤」いものが目につきます。ブルーリボンの露天風呂にもいくつかあります。

20150509_092048

こちらは「クジャクシダ」というシダの仲間です。(くじゃくが羽を広げた形に似ているからだそうです)




20150509_110704
こちらは、「あせび」の新芽です。

どちらもいずれは緑色になりますがこの色からスタートします。

太陽の紫外線などによるストレスから身を守る抗酸化力は、「緑」より「赤」の方が強いということなんですね。



これをふまえて回りを見てみると、うなづける事がたくさんあります。

ピーマンの緑と赤を比べて成分表をみてみると、赤の方が格段に優れているし、ミスユニバースの食事管理の人も「赤いもの」を積極的に食べるようにしているとか。
富士フィルムで発売している化粧品「アスタリフト」は、赤でアンチエイジングを売りにしているし、ワインも赤ワインの方が抗酸化物質が多いと言われています。

どうやら「赤」は、意識して摂った方が良さそうですね。

|

« 一番好きな季節 | トップページ | こんな所に白鳥が »

その他」カテゴリの記事