きららの桜が満開

Img_2116a

きららの桜が満開です

 

 

Img_2118a

自転車の御一行様

この絵だけ見ると気持ちよさそうですが実際はものすごい風で歩くのもやっとです

 

 

Img_2131a

珍しい 桜に「ヤドリギ」

 

 

Img_2124a

日向ぼっこ 風なんて関係ない

 

 

Img_2134a

せっかく作った巣が強風で飛ばされてしまいました

「まだ使ってないのに・・・」

 

 

Img_2138a

苔やビニールひもなど駆使しています

|

2024年4月15日 (月)

開花宣言

Img_2101

ブルーリボンの標本木もここ2~3日の暖かさで一気に開花しました

 

 

 

Img_2106

下を向いて咲くフジザクラもね

|

2024年4月11日 (木)

雨上がりに見ぃつけた

雨上がりの一コマ

しばしお付き合いください

 

Img_2065a

地衣類のサルオガセにたっぷりの露

 

 

Img_2066a

 

 

Img_2069a

 

 

Img_2071a

黒いキクラゲみたいですが、いつもは乾燥して縮こまってカリカリなんですよ

 

 

 

Img_2082a

触手を伸ばした生き物のよう

 

 

Img_2081a

💛

 

 

Img_2080a

💛

 

 

 

Img_2076a

夢中でファインダーを覗いていると「ここはどこ?」「いま何時?」となってしまいます

 

 

 

Img_2090a

感動ものです💛

|

2024年4月 6日 (土)

濃霧の中のシルバーリーフ

Img_2050a

シルバーっぽい葉の針葉樹

 

 

Img_2052a

たっぷり露を蓄えて

 

 

Img_2030b

重そう

 

 

Img_2034c

蜘蛛の巣だって

 

 

Img_2039c

奇麗に見えちゃう💛

|

2024年4月 5日 (金)

ブルーリボンの開花情報

各地で開花や満開が報じられていますが・・

 

Img_2023a

ブルーリボンの標本木はまだまだ硬い蕾のまま

 

 

Img_6327a

玄関脇の水仙は気温が上がったらすぐに咲けるよう待機中

 

 

Img_6329a

昨年実家からもらってきた曼珠沙華は無事冬を越しました

|

2024年3月30日 (土)

体当たり?


 

Img_2014a

体当たりしているのは、この子「カワラヒワ」です。

玄関側の窓に来たり、4日連続で来ています。

カワラヒワ側から見ると「鏡」のように見えるので、映った自分と遊んでいるのでしょうかね?

|

2024年3月11日 (月)

福寿草~雪割草

Img_1985a

きららの陽だまりでは福寿草が咲き始めています

 

 

Img_2004a

福寿草の「黄」、雪の「白」、空の「青」

 

 

Img_1989a

雪の中から

 

 

Img_1994a

「おひさま~」って

 

 

Img_1995a

まさに「雪割草」💛

 

でも雪割草という名の花は福寿草ではないようです

|

2024年3月 9日 (土)

露天風呂

今の露天風呂はこんなですよ

 

Img_1972a

ピンクの馬酔木(あせび)が満開です

 

 

Img_1973a

ビッシリ

 

 

Img_1982

うっとり💛

 

 

Img_1981a

滴り落ちる滝の苔に小さなつらら

 

 

Img_1981b

まるで洞窟の中

 

ズームしていくと遠目では見えない世界が見つかって好きです💛

|

2024年2月26日 (月)

楽しかった雪遊び

連休最終日は一日雪

 

Img_1959a

最後は雨っぽかったので表面が凍ってキラキラしていました

 

 

Img_1964a

いたる所で雪遊びをした後が見られました

 

 

Img_1966a

楽しかったでしょうね

|

2024年2月24日 (土)

今日は真冬

連休初日は雪

Img_1888a

お客様が全員無事に到着されてホッとしています

 

 

Img_1890a

写真を撮りに出掛けられないのでブルーリボンの周りを撮ってみました

 

 

Img_1903a

富士山側の窓から。中央の三角っぽい「白」が富士山です

 

 

Img_1905a

反対側の窓から

 

 

Img_1906a

雪景色はどこもステキ💛

 

 

Img_1911a

枝に積もった雪が逆光でキラキラ

 

 

Img_1925a

まさに「雪の花」ですね

 

 

Img_1933a

融け始め

 

 

Img_1943a

キラー💛

 

これから掃除頑張ります

 

|

2024年2月21日 (水)

暖かい冬・比べてみました

 

Dsc01779a

これは2011年の露天風呂の滝の氷瀑です

迫力ありますよね

 

 

1089a

2014年穴釣り

日の出で紅富士になってます

 

 

1099a

穴釣りは毎年楽しみでした

結局この年が最後になりました

 

 

370_11

この時は報道関係者が大勢来ていました。

この写真が新聞に掲載されたりTVで放映されたりでちょっとビックリ

 

 

Img_4292a

2017年、まだ氷瀑らしい

 

 

Img_1878

今年は凍るどころか苔が新芽を出し始めています

 

 

Img_1879

金魚も眠りに入らなかったようです

暖かくて楽ですが冬の楽しみが減っていて残念です

 

|

2024年2月14日 (水)

♪ 灯りをつけましょぼんぼりに ♪

Img_6122a

今年もひな人形飾りました

ここに来るとニコニコしてしまいます

|

2024年2月 6日 (火)

本格的な雪

今季初のまとまった雪です

 

Img_6040

見た目はこんな感じですが30cmくらい積もりました

南岸低気圧の時は要注意!!

|

2024年2月 4日 (日)

抜け殻にご挨拶

Img_5975

脱皮をした抜け殻と向き合っている図が出来上がっていました。

「今までお世話になりました」

|

2024年1月31日 (水)

冷え込んだ朝の続きです

「きらら」には水たまりのような小さな池がたくさんあります

 

Img_1791a

凍り方に差があってとっても面白いんです

 

 

 

Img_1801a

落ち葉や枯れ木を巻き込んで・・

 

 

 

Img_1800a

今朝はたくさんある「〇」に夢中

 

 

Img_1807a

水中から湧いてきた気泡がゆっくり閉じ込められたのでしょうね

 

 

 

Img_1808a

この白い「〇」はどうやってできたのでしょう?

表面はツルツルでしたので裏側にできたということですよ。

 

 

Img_1818a

そしてこの白い氷は霜柱に押し上げられたように水面から持ち上がっています。

 

 

 

Img_1828a

で、その霜柱が氷の面より上まで伸びているんです。

うまく説明ができないですが、平らな氷側から見るとこの写真で反対側から見ると一枚前の写真です。

 

 

 

Img_1833a

お日様が出てきて融ける直前。透明な針のようになってます。

 

 

 

Img_1843a

規則正しかった霜柱が融け始めてバラバラに

 

 

 

 

 Img_1847b

無くなりそうなはかない感じがいいですね。

 

と、ここまで撮り進めてみて白い「〇」がどうしてできたのかが分かった気がしました。

霜柱で持ち上げられて水面と氷には隙間ができ、水中から湧いてくるわずかに温度の高い気体が氷の天井に冷やされて水滴になって凍ったのでは?

 

どうでしょうか

|

2024年1月30日 (火)

また冷え込んだ朝の話です

Img_1849a

ほぼ無風だったので見事な逆さ富士が見られました

 

 

Img_1767a

水面が部分的に凍っています

 

 

 

Img_1764a

この白鳥は羽の茶色がまだ残っていますね

 

 

Img_1778a

こんな霜の花はよく見かけますが、ウキクサが浮かんでいる水から咲いているのは初めて見ました。

田んぼでよく見るウキクサが1月に山中湖で霜と一緒に・・・

暖かいのでしょうね

 

 

 

Img_1789a

こういう光景もよく見られます、が・・・

 

 

Img_1789b

根元は新芽

これも初めてです

 

また、写真の枚数が多くなってしまいましたので次回に続きます

|

2024年1月29日 (月)

昨日の続き・最終回

Img_1725a

「きらら浜」を進んで行くと氷がせり出していました

 

 

Img_1731a

先端が洗われて丸くなっている部分や

 

 

Img_1732a

レース模様のような薄い部分や

 

 

Img_1734a

まだら模様があったりで楽しくなってきました

 

 

Img_1748a

富士山を入れるとこんな感じ

 

 

Img_1756a

この先端

 

 

Img_1744a

湖面に映って💛

 

 

 

Img_1761a

そうこうしていると「キンキン、パキンパキン」と高音で響いたかと思ったら薄氷が割れながら波が押し寄せてきました

「わぁ、このタイミングに出会えてまたまたラッキー」

 

大満足のお散歩でした

|

2024年1月28日 (日)

昨日の続き・「きらら」から

Img_1698a

「きらら」に移動してきたら、白鳥が集まっていました

(実は、先に撮っていた人がエサで集めたんです)

 

 

Img_1702a

よく見かけるこのポーズは足を温めているのでしょうか?

 

 

Img_1714a

岩の氷が白くてお菓子の「フォンダン」みたいです

 

 

Img_1716a

こんな感じの写真を撮ろうとしている人が大勢いました

 

 

Img_1719a

どんなふうにでも撮れる

 

 

Img_1720a

同じアングルでも露出が違うと別物のよう

 

 

Img_1710a

雫にだけ光が当たって

 

 

Img_1722a

クラゲ氷(勝手に名付けています)が集まっていました

 

枚数が多くなってしまいましたので一番楽しかったところは次回にします

|

2024年1月27日 (土)

南アルプス

Img_1678a

今日は山中湖から雪を被った南アルプスの山並みが見えています

当然ですが山中湖と南アルプスの両方が晴れていないと見えません

 

 

Img_1681a

富士山の右裾野の方向です

「きらら」からは見えないんです

 

 

 

Img_1689a

と、湖面に一本の紺色の線が・・

無風だった湖面に風でできた波の第一波が押し寄せてきました

 

 

Img_1691a

縞々が増えてだんだんこちらに近付いてきます

「わぁ、来るよ、来るよ」とファインダーを覗いているとドキドキしてきました

 

 

 

Img_1695a

「ザッブーン」足元ギリギリまで打ち寄せて逃げるほどでした

第一波の瞬間を撮ることができてお得でした

 

 

|

2024年1月25日 (木)

今季最強の寒波

冷え込んだ朝は面白いものがあるはず

 

Img_1606

まずは日の出前のブルーの地球影から

 

 

Img_1609

ブルーの上にピンクのビーナスベルトが乗って

 

 

Img_1611

山頂に陽が当たります

 

 

 

Img_1656a

風が強かったので波をかぶった岩が氷でコーティングされています

今日はこの「氷」がとっても面白かったんです

 

 

Img_1626

岩の上部分は何度も何度も波をかぶってできた氷の芸術

 

 

Img_1628a

ゴツゴツしてたり

 

 

Img_1629a

層になっていたり

 

 

Img_1633a

まるで棚田

 

 

Img_1648a

この辺りは何度も洗われているのでくびれた「つらら」

 

 

Img_1652a

光が微妙な色に

 

 

Img_1672a

岩と岩の間はだんだんストレートな「つらら」に

 

 

Img_1666a

垂れる水だけだとつるんとした形

 

 

Img_1663a

波が荒れて底の砂が巻き上げられたのでしょうね

 

 

Img_1645a

砂交じりの「つらら」は珍しいかも

 

 

Img_1640a

「根」を伝って振り子もできていました

 

 

Img_1636

「つらら」の形から水の流れを想像するのって楽しい~

 

 

Img_1667

針金にはお馴染みの氷玉も

 

極寒の朝、波打ち際をお散歩した気分になれました?

|

«どのくらい積もったかというと