台風一過の朝

ものすごい台風でしたね。



Img_4469

まだ風が強く湖面が荒れていました。





Img_0365

折れた木が痛々しい。




Img_0363


本日この場所で開催予定だった「山中湖チャリティー駅伝」も中止となりました。





Img_4494

白鳥が2羽。

右下は本物、左奥は入り江に避難している遊覧船です。

|

2019年10月 6日 (日)

蜜を吸う「蛾」

ペンションの庭で満開に咲いているフジアザミに蜜を吸う「蛾」が来ています。



Img_44631

その名は「ホオジャク」

ハチドリのようにホバリングしながら吸っています。





Img_44632

触角の間から出ている長いストローのようなものを差し込んで蜜を吸っていますね。

「口吻(こうふん)」と言うそうです。蜂のように蜜をため込むのではなく自分の食糧なのでしょうね。

そういえば、なぜ「蜂」は蜜をため込むのでしょう?

集団生活の場で皆の「エサ」になるはずの物を「途中で人間がいただいている」という構図ですかね。

「ミツバチ」以外の蜂はどうなっているの??????

と、疑問を持ち始めると解らないことだらけでキリがありません。

|

2019年10月 2日 (水)

秋らしい富士山をどうぞ。

秋らしい富士山をご覧ください。



Img_0346

雲がいいでしょ。





Img_4449

こちらも秋らしさたっぷり。今日は村民体育祭です。






Img_4454

こんなのありました。

「山栗」「山ぶどう」「山柿」・・色々ありますがこれは「山なし」。

「豊水」系でしょうかね。


超酸っぱかったです。

|

2019年9月28日 (土)

栗ご飯

ブラブラお散歩中、手ごろな栗の木を見つけました。

Img_0332

もうすでに弾けているイガもありますね。イガの中にまだ納まっている栗も見えています。

「木をゆすっては逃げて」を繰り返し・・





Img_0333

これだけゲットしました。

栗ご飯1回分には十分。




Img_0337

早速お昼に栗ご飯でいただきました。

季節の贈り物ありがとうございました。

|

2019年9月18日 (水)

玄関にこんな世界が広がっています。


Img_0315_20190918101301

とある作家さんの作品です。





Img_0307




Img_0310




Img_0303



ホッとする空間になりました。


「わぁ~♡」と思われた方はこちらも覗いてみてください。

|

2019年9月13日 (金)

シジュウカラの巣の中は?

シジュウカラの巣箱を掃除しました。



Img_02972


ミズゴケを集めて几帳面にきれいに敷き詰め、羊毛のような白い毛で丸く縁取ってあります。卵が転がって行かないようにでしょうか?

糞だらけのヒヨドリとはずい分違いますね。

|

2019年9月 6日 (金)

ヒナの巣立ち

すっかり大きくなったヒナは巣には入りきらず枝に止まって親鳥を待っています。

 

エサをもらうときの猛アピールに比べたら・・・

Img_4423

待っている時のすまし顔。

「巣立ち」にも個体差があるんですね。最後の一歩を踏み出せないでいるヒナに根気強く飛び方を教えたり鳴き声で誘ったりしていました。





Img_0281

どうしても巣の中を覗いてみたくなり、脚立に登って見てみました。

カールしているカンナくずも運んでいますね。



Img_02821

結構苦労して撮ったんですが何があるのかよくわからない。

糞のようですが・・・。

無事にみんな巣立ってくれてホッとしています。

|

白い虹

目が覚めたらペンションの周りは真っ白な霧

こんな日は「白い虹」が見えるかも・・・。


Img_02661


と、朝食の準備前にきららに行ってみると・・・やっぱり!


これ以降は形が崩れてしまって成功したのは1枚だけ。ギリギリ間に合いました。






Img_4427

もうじき霧が晴れますよ~。





Img_4432

富士山は見られませんでしたが、足元のキラキラも一面に広がっていてラッキーでした。

|

2019年9月 3日 (火)

ヒヨドリのヒナ・エサのおねだり争奪戦

ペンションの玄関脇にある木の中でヒヨドリが巣を作っていました。

ヒナの声が聞こえたので遠くから眺めてみると、こんなことが起っていました。

右下の子がゲットしたようです。


 

Img_4378

親鳥に気付かれましたかね。ヒナを守ってこちらを睨んでいるようです。


デッキの横にある木なので、すぐ下ではお客さんが休憩したりタバコを吸ったりしているんですよ。

|

2019年8月31日 (土)

ライブの取材のつもりが・・・

一応ライブの取材でもしようかと散歩がてら行ってみました、が・・・。



Img_0240

その途中の道路脇のフェンスが面白くてこっちに夢中でした。



Img_0264


「木」がフェンスの網に食い込んだままで取り去ることもできないようです。

左側の斜めの木は宙に浮いている状態です。




Img_0237

小さめなかけらも、




Img_0238

これは太くて短い。

フェンスに置き去りにされた木片達でした。







Img_0249

絡みついている草たちも楽しいのでご紹介。




Img_0263

上のお花が散ったらこうなるのでしょうか。風車みたい。




Img_0262

「実」もたくさん付いています。




Img_0261


裏側を這い上がって来たのでしょうけれど、いきなり生えているようで面白い。




Img_02591

茶色の葉っぱ。新芽です。




Img_0258


お花も咲いていました。




Img_0251

クサフジもきれい。



Img_0254


長~く垂れ下がったているのが「花」だったり、




Img_0253

「実」だったり・・・。


やっぱり魅かれるものはこっちかな?

|

2019年8月30日 (金)

夏フェスをよそに

今日から3日間は夏フェス「スウィートラブシャワー」が開催されています。

この時期のお客さんはお食事が無いので、遠くから聞こえてくる音楽に耳を傾けながら草取りをしていました。



Img_0220

見つけましたよ。

スナゴケの林の中にジョウゴゴケがたくさん。





Img_0223

このざらざらな質感。



Img_0225


土の中から開いた「手」がニョキニョキ。



Img_0235

こちらは開く前ですかね。



Img_0233

この、オレンジのまん丸は小さな小さなキノコ。

自分が小さくなっておとぎ話の世界に入り込んだような感じがします。




忙しかった夏も無事に終わろうとしています。

|

2019年8月 8日 (木)

「富士山、ご無沙汰しております」

久しぶりに「きらら」に来たのでご挨拶。

「富士山、ご無沙汰しております」
Img_4329

夏合宿の真っ盛り。





Img_4334

水が減って取り残された水たまりにはお魚たちが泳いでいました。




Img_4333

お腹がオレンジ色をしているのや、




Img_4332

わかさぎ達が泳いでいました。

分かりにくいですが細い影から探してみてください。

でも、増水しない限りこのままですよ、大丈夫かなぁ。





Img_4341


そしてウロウロしていると、大好きなキラキラがたくさんありました。




Img_4342

地面に張ったクモの巣に朝露が・・・ね。




Img_4345

どおってことのない白鳥の羽だって特別に見えちゃう。




Img_4348

ここは遠浅の海みたいでしょ。





Img_4349


湖に突き出した堆積した浜。




Img_4352

時々「ガス」が噴き出すようで、泡がブクブク波紋がホワンホワンと広がって、「生きている」って感じ。




ほんの30分程のつかの間の散歩。時を忘れる楽しさに身も心もリフレッシュ。

さあ、今日から夏本番、頑張りますよ!

|

2019年7月26日 (金)

初めての「梅干し」づくり

今年初めて「梅干し」を作ってみました。

赤紫蘇もなしの塩と梅のみで。
Img_0213


梅雨が明けたら干すのですが、今年はなかなか開けずムズムズしていました。

ここ2~3日は晴れるようなので忙しくなる前に干してみました。

完熟の黄色くなった梅を使うのですが、改めて「果物」だと認識し直すほど。

出来上がっている梅干しからは想像できないくらいのフルーティーな香り。

漬け始めてからこの香りがプ~ンと漂っています。しあわせ~!って感じです。

乾き具合を確かめながらひっくり返したり指をなめてみたり・・・。

もうじき出来上がり。待ち遠しいな (^^♪

|

2019年7月17日 (水)

ちょっとだけ夏空

久しぶりに夏らしい空になりました。


Img_0192

スッキリしない日が続いていますね~。

そんな中、ちょっとだけ夏っぽい雲を見かけたので急いで湖畔へ。


山中湖はオリンピックの自転車競技ロードレースのコースになっているので、
今週末にテストイベントが開かれます。

まさにここを走るわけです。

当日は交通規制が敷かれますのでお越しの際はご注意ください。
詳しくはこちらをご覧ください。

|

2019年7月10日 (水)

ソセージ作りの体験をしてきました

ブルーリボンから車で2分の場所に「古志路」というソーセージ屋さんがあります。


Img_0171

こんなに近くにあるのに初めての体験です。




Img_0174

気さくなオーナーさんがわかり易く教えてくれます。



Img_0175

「にゅるー」っと詰めていきます。

この1本の物をねじったりくぐらせたりすると




Img_0178

こうなります。





Img_0176

プレーンとゴマと2種類作りました。

これでお持ち帰りになり家で茹でて食べます。


今回なぜソーセージ作りを体験したかと言いますと、無添加のソーセージを作りたかったからなんです。

オーナーさんに器具を買う際のポイントとか、中身の作り方などを詳しく教えて頂きました。

お話も弾んでとても楽しく中身の濃い体験になりました。

ありがとうございました。

|

2019年6月25日 (火)

ここも久々「きらら」です。

早朝は頭だけ見えていたので「きらら」を一回りしてきました。

Img_4266



草と一緒にフランスギクが一面に咲いていてお花畑のようでした。

草もお花と同じ背丈だと邪魔にならず「グリーンを添えて」みたいで、これはこれでいいかもね。


 

Img_4274


まだ朝陽が当たらない片隅で、真っ白い「ウツギ」がお日様を待っているかのようでした。

 

|

2019年6月16日 (日)

久しぶりの花の都公園

スケジュールとお天気がなかなか合わず久々の花の都公園です。

Img_4235

背丈ほどもある「キカラシ」が満開で爽やかな香りに包まれていました。





Img_4240


「ツーリングで通りかかったらあまりの香りにちょっと止まって見てみました。」みたいでした。




Img_4248

山中湖のマップをガイドにサイクリング。

最高に気持ちのいい梅雨の晴れ間です。

|

2019年6月 7日 (金)

今年の巣箱

今年も巣箱にシジュウカラが入り子育てをしています。
Img_4229

せっせと虫を運んできています。





Img_4228


今年は巣箱を修理して穴の部分を新しくしました。

穴の周りをよーく見てください。


ツンツンとつついた跡がわかりますか?

少しサイズが小さかったのか、頻繁に訪れてはキツツキのようにつついていました。

「きついのかなぁ」「もし、卵がおなかにあって太っていたら入れないかなぁ」
「他の鳥が入れないようにぴったりサイズがいいんだけどなぁ」・・・。

こちらも色々考えてはいましたが上手く入れたようです。

毎日厨房から眺めながらの仕事が楽しみです。

|

2019年5月24日 (金)

山中湖ロードレース( 山中湖ロードレース(ズミマラソン)

 

今度の日曜日(26日)は山中湖ロードレースが開催されます。

Img_4192

白い小さな花を咲かせる「ズミ」が満開のこの時期に開催されるので別名「ズミマラソン」とも言うそうです。





Img_4198

こういう花なんですよ。蕾の時はピンクで開くと白。





Img_4207

今は新緑の時期。





Img_4211

若葉が瑞々しい。






Img_4222

若葉のトンネルみたいなコースもありますよ。

お天気は良すぎるほどらしいので、熱中症にはご注意を・・。

 

|

2019年5月22日 (水)

イタドリと遊ぶ

去年は「イタドリサイダー」を作って遊びましたが、今年は「イタドリジャム」を作りました。

Img_0152

まず、太くて柔らかい芽を採ってきます。

この時点で鹿との取り合いになったりします。鹿の食べ残しを採るようなこともしばしば。





Img_0158

フキのように縦に皮をむいて適当な長さに折ります。

こんなに鮮やかな黄緑色になるんですね。






Img_0156_1


柔らかい穂先は天ぷらにします。




Img_0159

フードプロセッサーで細かくします。少しぐらい長いのがあっても平気です。

砂糖を加えて煮れば出来上がり。





Img_0163

全くインスタ映えのしない出来栄えとなってしまいましたが冷凍保存するには十分。

美味しいジャムができたんですよ。超楽し~い♪

|

«袋角(ふくろづの)